TOP PAGE旅行/キャンプ TOP>ランカウイ島観光旅行記(マレーシア)



【 ランカウイ島観光旅行記(マレーシア) 】

田舎でのんびりランカウイ島
他のリゾートと違って“強引な物売り”もおらず、ゆっくりと何も考えずに過ごせるリゾート、それがランカウイ島ではないでしょうか。観光地としての華やかさはありませんが、ホテル・リゾート旅行を目的に訪れたランカウイ島ののんびり旅行記です。

※写真はランカウイ伝説公園前
クア・タウンの街

ランカウイ島クア・タウン旅行記
<ランカウイ島一番の街:クア・タウン(旅行記)>



ランカウイ島唯一の繁華街?っぽい街、クア・タウンには小さな飲食店や公共施設などが建ち並んでいますが、これといった旅行土産や免税店などはありません。


クアタウンには「ワシの像」で有名なイーグルスクエアがあり、ランカウイの象徴となっています。ランカウイ伝説公園やチョグム公園なども近くにあって、観光スポットとなっていましたので、他の観光客同様に記念撮影をしてみました(※ちなみに、入場無料です)。


        LINEスタンプ
ホテルのロビー

とても静かなホテルのレストラン
<宿泊ホテル滞在記(旅行記)>



宿泊したホテルも、やっぱり“のんびりムード”で、東南アジアの雰囲気の中にも独特の時間が流れています。ランカウイ島のホテルはどこも、ほんとうに観光客も多くなく、ザワついていないのです。

レストランも下手に飾り立てられておらず、落ち着く雰囲気の中、美味しい料理を堪能できるものでした。
混雑知らずのホテルプール
ホテル滞在旅行記 さすがリゾート地!ホテルのプールも面白いつくりになっていて、海岸線と同化するように設置してあります。訪れた時期も多少あるかもしれませんが、他の東南アジアの旅行地と違い、街中でもホテルでも人ごみが無く開放的に過ごすことができました。
・・・仕事を忘れて最大限リゾート気分を楽しみ(観光もそこそこに)ゆっくり過ごすのがランカウイ流かと思います。
旅行記夕暮れの海岸 <ランカウイ島の夕暮れ海岸>



車で少し走ると、綺麗な砂浜が沢山点在します。
夕暮れ時になると、周りにネオンや照明など都会の明かりが無くなるため、神秘的な夕焼け空が大パノラマで広がります。。


        LINEスタンプ
街中のネコ 街中に食事に行った際に気付いたのは、ネコが多いこと。路地のあちらこちらにネコがのんびり暮らしていました。
人だけでなく家畜も・自然も・時までもゆーーっくり流れる島なんです。
レストラン
クア・タウンのレストラン クア・タウンで入ったレストラン(というより食堂)は、値段も手頃で味も悪くはありません。
まあ、食事は主目的ではありませんので・・。
旅行記:ランカウイ島のビーチ
離れ小島の湖での旅行記 もちろん旅行の楽しみは本島だけでなく、ランカウイ島からボートで少し行った小島には、島の中にちょっとした湖(淡水)があり、泳いだりして遊ぶこともできます。孤島の中の森林の中の湖ですから、ただでさえ神秘的でした。
ランカウイ島で船釣りのポイントへ

一応ヒットしたランカウイ島で船釣り
気分を変えて、小型ボートに乗ってのクルージングや“船釣り”を楽しむことができます。竿を使わず、手釣りだったので少し難しかったですが、それでも2〜3匹くらい小魚が釣れました。

【 首都:クアラルンプール 】

クアラルンプール
クアラルンプール旅行記

途中

クアラルンプール
旅行帰りに寄った首都・クアラルンプールでの旅行記です。世界第2位(訪問当時)のペトロナス・ツインタワーは有名ですが、特に歴史がある街でもないらしく(夜中の飛行機の時刻まで)空いた時間を利用して観光した“いわゆる大都市”でした。

近隣諸国からの観光客も多いので、マレーシアならではの伝統料理や土産店も沢山あり、王宮をはじめとした観光スポットめぐりをすれば、一日ではとても足りない賑やかな街です。
クアラルンプールのレストラン前 ちなみにクアラルンプールでは日本人好みのレストランも多く、マレーシアの伝統的な踊りを観つつ食事ができるお店が多々ありました。
※写真:レストラン前

大きな地図で見る
<ランカウイ島内での交通手段>

ホテルには基本的に専用のライトバン車があるか、幾つかのホテル前を順に停車して回る小型バスで行くことになります。また、ランカウイ島内の主要な交通機関はタクシーで、走行した距離によって料金を支払います。


ランカウイ島の気候

平均気温 ランカウイ島は一年を通してあまり気温差の無い常夏の島です。
一年を通しての平均気温は30度を超え、夜間でも24〜25度くらいになります。
私は6月に訪れましたが、夏の服装で快適に過ごすことができました。また、最高気温が30度を超えるわりには、ムシムシする暑さではないので、爽快な気分で観光スポットを巡ることができました。
乾季/雨季 日本での梅雨のような“ジメジメ感”の強い季節や“雨季”はありませんが、比較的6〜10月のはじめくらいまでは雨が多い季節になります。ただし、短時間にスコールのような大量の雨が降り、あとは太陽が顔を出すといった熱帯特有の気候なので、(ベストシーズンと言われる12〜3月でなくても)いつの季節に訪れても雨に悩まされることはないでしょう。


ランカウイ島のホテル情報

ランカウイのリゾートホテルはどこも比較的新しいのが特徴です。そもそもランカウイ島の開発はまだ歴史的にも最近のことなので、他のリゾート地と違って築年数も新しいホテルばかりです。近代的な高層ホテルはほとんど存在せず、これぞ東南アジア!と思わせるような特有の低層ホテル、コテージが主流となっています。
ザ・ダタイ ★おすすめ主要ホテル★
(ホテルヴィラ)
ランカウイのホテルとして「人気も接客サービスもNo.1」のホテルです。自然の地形を利用して建てられたホテルで、南国リゾートでのんびり過ごしたい方にお勧めです。
ホテルの関連ホームページ
アンダマン・ダタイベイ ★おすすめ主要ホテル★
ザ・ダタイと同系列のホテルということで、高級感漂うリゾートホテルです。プライベートビーチは勿論ですが、ゴルフ場なども隣接した上品かつ優雅なホテルです。
ホテルの関連ホームページ
タンジュンルー ★おすすめ主要ホテル★
ランカウイ島の北東部にありクアタウンなどからも遠く、交通の便は決して良くはないのですが、ホワイトサンドのプライベートビーチと豪華なホテルは観光客に大人気です。
ホテルの関連ホームページ
シェラトン・ランカウイ ★主要ホテル★
(ホテルヴィラ)
広大な敷地の中にバンガローやコテージが点在したランカウイでは比較的古いホテルです。
ホテルの関連ホームページ
ウェスティン ★おすすめ主要ホテル★
(ホテルヴィラ)
ランカウイ湾に面していることもあり、様々なマリンアクティビティを楽しむことができます。また、クアタウンにも近く便利な立地条件のホテルで、特に女性の人気が高いそうです。
ホテルの関連ホームページ
ペランギビーチ ★子連れおすすめホテル★
キッズルームやベビーシッターのサービスまで充実しているリゾートホテルで、家族連れ/子供連れには有難いホテルです。乳幼児を連れても安心して滞在することができます。
ホテルの関連ホームページ
ベルジャヤ・ランカウイ ★おすすめ主要ホテル★
(コテージ)
ランカウイ島の西端にあるホテルですので少々交通の便は良くありませんが、裏側には熱帯雨林のジャングルが広がる広大なコテージタイプのホテルです。水上コテージからの夕陽は最高のリゾートですね。
ホテルの関連ホームページ
※上記のランカウイ島を代表する主要ホテルは、すべてプールやスパ、更には日本語スタッフが対応してくれる人気のホテルを抽出しています













<当サイト内の主な関連ページ:海外旅行体験記>
<当サイト内の主な関連ページ:国内旅行(主に九州)体験記>